「ふくい理数グランプリ・高校の部 化学グランプリ部門」優秀賞(部門2位)を本校2年特進コース3名が受賞!

科学的思考力などを競う「ふくい理数グランプリ」の高校の部、本選が9月11日藤島高校で開催されました。福井県教育委員会が毎年開催しており、今年が15回目。5部門の予選を勝ち抜いた11校50チームが参加し、本校2年特進コースの天野さん、楠本さん、常田さんの3名が「ダックス奮闘」というチーム名で、10チーム中2位の成績で優秀賞となりました。10種類の成分不明の粉末を、実験によってそれぞれ何かを調べ90分間で特定し、その後、質疑応答を含めた5分間のプレゼンにて実験手順や考え方などを発表し、総合的に順位を決めるというものです。天野さんは「3人で協力して楽しくできて良かった。」、楠本さんは「普段なかなかできない実験を自由にやらせてもらえて良い経験になった。」、常田さんは「最優秀賞をとれなくて悔しかった。しかし、今の自分の実力を把握できて良かった。」とそれぞれ感想を述べてくれました。3人の皆さん、おめでとうございます。

実験に取りかかろうとする3名
化学部門で見事2位。表彰を受けました。
前後の記事