剣道部紹介

剣道部のモットーは笑顔、そして目標は全国大会出場。

現在、男子22名、女子11名(マネ含む)で活動しています。

これまでに、高校総体男子団体・女子個人出場、高校選抜大会男女団体出場、北信越大会出場、そして県内の大会では優勝をはじめ数々の上位入賞を果たしています。

量より質を重視した練習、自主性を重んじる練習など部員みずからがやる気のでる練習を心掛けています。

活動内容

活動は毎日放課後(15:50~18:30)に、第一体育館で練習をしています。

特徴のひとつとして、一人ひとりの個性を大事にした練習における自主性です。剣道では、その自主性が大切です。

部員は特別進学コースから教養コースまで様々です。その中でまずは勉学に主をおき、その後、課外活動として部員たちは限られた時間の中で練習をします。

決められた練習メニューのなかでも各自様々な工夫を自ら加えながら、先輩・後輩の枠をこえた切磋琢磨の練習に自主性と強制のバランスのとれた稽古の積み重ねを日々行っています。

部員の中には中学校から始めた人、高校から初めて竹刀を握った人がいるなんて信じられないぐらい、和気藹々と違和感なしに練習しています。

初めての人も、男女問わずどんどん入部して下さい。卒業までには必ず段が取得できます。

しかし、剣道は武道です。時には、勝ち抜くための厳しい稽古もあります。礼で始まり礼で終わる、それは自分を磨き、人を敬う精神を培います。剣道部で自分を高めてみませんか。まずは見学に気軽に来て下さい。

活動近況報告

第55回北信越高校剣道大会(福井県立武道館)

6月16日~18日の3日間、福井県立武道館にて北信越高校剣道大会が開催されました。

男子団体は予選リーグを2勝2敗で3位。女子団体は予選リーグを1勝3敗で4位と惜しくも予選リーグ敗退となりました。

また、個人戦に出場した男子の大栁洸介、女子の稲田葉月はいずれも初戦敗退となりました。

結果は残念なものでしたが、しかし、3年生が最後の意地を見せてくれた素晴らしい大会でした。

来年もこの舞台に戻ってこれるように今から、新チームのスタートです。

松井宏文先生、第59回全国教職員剣道大会県予選会優勝!

6月10日、県立武道館で開催された「第59回全国教職員剣道大会福井県予選」 において、本校剣道部の顧問である松井宏文先生が副将の部に出場し、見事優勝され、全国大会出場を勝ち取りました。

全国でのご活躍を期待しております。ご声援宜しくお願いします。

県高等学校春季高校総体剣道競技大会で男子団体3位・女子団体4位

6月2日~4日の三日間、県立武道館にて北信越総体・全国高校総体の予選会があり、本校剣道部は全国総体出場は逃したものの、見事、男子団体3位、女子団体4位を果たし、北信越高校総体の出場権を獲得しました。

また個人でも男女2名の選手が北信越大会の出場を決めてくれました。

北信越大会での上位進出と来年度のインターハイを目指して更なる努力をしていきたいと考えています。

男子選手
女子選手

奥瀬龍太郎先生、中村杯争奪敦賀市剣道選手権大会優勝!(2年連続)

5月14日、敦賀市武道館で開催された「第5回中村杯争奪敦賀市剣道選手権大会」において、本校剣道部の副顧問である奥瀬龍太郎先生が男子の部に出場し、見事2年連続で優勝しました。

女子の部には本校3年生の女子も参加し精一杯の試合をしてくれました。

さらに奥瀬先生は、7月9日、県立武道館で開催されます福井県知事杯・福井県剣道選手権大会の出場権も獲得されました。

これからも益々稽古に精進され、全日本剣道選手権大会出場されることを願っています。

平成29年度県高等学校春季剣道選手権大会で男子団体準優勝

4月23日、敦賀市立体育館にて春季剣道選手権大会が開催されました。

本校剣道部の男子が初戦から決勝まで果敢に攻めきり、準優勝を勝ちとりました。

最終目標である全国大会出場という目標に向かって、あと1ヶ月精進していきたいと考えています。

選手

剣道部卒部式(第1体育館にて)

3月1日卒部式を行い、男子3名、女子4名が巣立っていきました。

卒業生は3年間で大きく成長しました。これからはそれぞれの道に向かって感謝の気持ちを忘れずに努力し続けて下さい。

また、保護者の皆様、これまで本当にありがとうございました。今後とも剣道部を宜しくお願いします。

平成28年度北信越高等学校新人剣道大会結果報告

2月4日・5日に富山県の庄川体育センターにて、北信越高等学校新人剣道大会が開催されました。

本校剣道部は、2年ぶり11回目の出場を果たし、大会に挑みましたが、予選リーグにおいて新潟第一高校・高岡工芸高校に善戦するものの、敗退してしまい、決勝トーナメント進出はなりませんでした。

この舞台に立てたことに感謝し、また試合に負けた悔しさを忘れずに、さらに精進して、春の大会では優勝を勝ち取れるように頑張っていきたいと思います。

平成28年度県高等学校冬季剣道選手権大会結果報告

1月29日(日)県立武道館にて県高等学校冬季剣道選手権大会が開催され、男子が1学年個人の部で、見事3位入賞を果たしました。また、多くの選手がベスト8、ベスト16に入りました。

さらに精進して春の大会では優勝を勝ち取れるように頑張っていきたいと思います。

剣道部創部30周年記念事業「トップアスリート剣道教室」を開催

12月10日(土)、本校剣道部の創部30周年を記念して、埼玉県警の米屋 勇一先生を招いて、「トップアスリート剣道教室」を開催しました。

米屋先生は、全日本剣道選手権大会に12回出場するなど、全国トップクラスの実力者の方です。

敦賀市内の小・中学生をはじめ、約300人が参加し、初めに竹刀の正しい握り方から始まり、体重のかけ方や、技の仕掛け方など、基礎を細かく指導していただき、有意義な剣道教室になりました。

県高等学校新人剣道大会で男子団体準優勝

11月19日~21日の3日間、県立武道館にて北信越新人大会・全国選抜大会の予選会があり、男子が全国選抜出場は逃したものの、見事準優勝を果たし、2年ぶり11回目の北信越新人剣道大会の出場権を獲得しました。

北信越での上位進出と来年度のインターハイ目指して更なる努力をしていきたいと考えています。

選手

※2年ぶり11回目の北信越新人剣道大会出場

北信越高校総体 男子個人戦に加藤将太郎が出場

6月17日~19日に石川県加賀市スポーツセンターで行われた北信越総体に男子個人で出場した、加藤将太郎(3-6)は初戦で長野県3位の大久保選手(長野商業)と対戦して延長戦の末、小手を取られて敗退しました。

3年生はこれで引退となりますが、今後は自分の進路実現に向けて高校生活をより充実したものにしてほしいものです。

多くの皆様のご声援ありがとうございました。

春季高校総体 男子個人戦で加藤将太郎が4位入賞

6月3日~5日に行われた春季総体は、男女とも団体戦は接戦をものにできずに敗退し悔しい思いもしましたが、男子個人戦で主将である加藤将太郎(3-6)が4位入賞を果たしてくれて、北信越大会の出場権を獲得してくれました。

残り二週間で自分達のできる限りのことを精一杯やり、北信越大会当日を向かえたいと考えています。

奥瀬龍太郎先生、中村杯争奪敦賀市剣道選手権大会優勝!

5月11日、敦賀市武道館で開催された「第4回中村杯争奪敦賀市剣道選手権大会」において、本校剣道部の副顧問である奥瀬龍太郎先生が男子の部に出場し、見事、優勝しました。

さらに奥瀬先生は、6月26日、県立武道館で開催されます、県知事杯・県剣道選手権大会の出場権も獲得されました。

さらに稽古に精進され活躍されることを願っています。

春季剣道選手権大会惜しくも敗退

4月24日、敦賀市立体育館において今年度、最初の県大会「県高等学校春季剣道選手権大会」が開催されました。

残念ながらあと一歩のところで自分達の力を出し切れずに敗退をしてしまいました。

次回の春季総体では必ず納得いく結果を残したいと思います。

気持ちを新たにした大会後の集合写真です。

顧問等紹介

顧問(松井宏文)

部員達の団結力は強く、高い志を持って自分に厳しい練習をしています。

「人事を尽くして天命を待つ!」をモットーに生徒と共に成長し続けていける部活動を目指しています。

副顧問(奥瀬龍太郎)

部員達は自主性が高く、いつも積極的に練習に励んでいます。

「切磋琢磨」お互いに高めあえる集団を目指して頑張っています。

男子主将(京藤尚輝)

私たち剣道部は、インターハイ出場という目標に向かい日々の稽古に励んでいます。

練習では、技の強化やメンタルの強化をし、一つでも多く試合に勝てるように頑張っています。

剣道だけでなく、生活面での礼儀作法も学ぶことができ、将来に役立つことを身に付けられる部活です。

女子主将(前田光里)

私たちは北信越大会出場を目標に日々の稽古に取り組んでいます。

チームで勝てるように一人一人が高い意識を持って練習しています。

副主将(橋本悠斗)

本校剣道部は、全国大会出場を目標に頑張っています。

また、笑顔を絶やさず日々の稽古に励んでいます。

PAGE
TOP