父母と教師の会 「気比校祭」支援活動報告

 父母師会「気比校祭」支援事業について(ご報告)

今年の気比校祭は、コロナ禍で、毎年恒例の父母師会模擬店などの気比校祭支援事業が中止となってしまいました。
 そこで、下記の通り、今年度独自の支援事業を行いましたので、ご報告いたします。
1.気比校祭支援実行委員会にて、専門業者に文化祭・体育祭の撮影を依頼し、DVDを製作しました。また、体育祭当日、熱中症対策としてグラウンド各所に氷柱を設置しました。
2.厚生委員会にて、例年委員会が企画・運営する保護者研修旅行などの各種交流事業が中止となったため、校名の入ったオリジナルマフラータオルを製作しました。  
3.部活動支援事業として、従来スポーツ飲料の配布を行っていましたが、今年度、部活動関連の大会・コンクール等が中止となる中、生徒会より、かねてから不足していた文化祭展示用パネルについて、購入支援の依頼がありました。そこで、支援事業費からパネル16枚を購入しました。早速文化部の展示発表に役立てられました。

前後の記事