中国語スピーチコンテスト世界大会から凱旋

 10月7日~22日に、高校3年の谷口巴菜さんが西日本代表として、中国の北京と昆明で行われる「漢語橋」世界中高生中国語スピーチコンテスト本選大会に出場しました。

 大会は2008年から開かれており、世界各地の予選には毎回約10万人が参加。本選にはアジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アフリカの5大陸予選を勝ち抜いた99ヵ国の110チーム(2人1チーム)が出場。

 本校からは谷口さんが5年ぶり3人目の出場者で、今年7月に神戸市で開かれた西日本予選で特等賞に輝き、東日本予選を突破した1チームとともに日本代表として臨みました。

世界大会でスピーチ

北京孔子学院総部にて

世界大会で中国曲演奏

世界大会閉会式

世界各地の高校生と

前後の記事