私立高校の授業料が無償化されます!

入学金も県立高校並みに引き下げます。

(2020年4月実施予定)

一般的には「私学はお金がかかる」というイメージを持っている人がほとんどではないでしょうか。実際に、現在の私立高校では特色ある教育プログラムや充実した施設・設備が揃っており、授業料などの納付金は県立高校を上回る金額になっています。一方で国や県では私立高校の授業料などに対するさまざまな支援制度を設けています。

2020年度からは国の高等学校等就学支援金制度が大幅に拡充され、これに合わせて県の支援制度も新設されるため、全体の8割近くを占める年収910万円未満の世帯で授業料が無償化されます。また、同じく2020年度から入学時の保護者の負担を軽減するため、入学金を県立高校並みに、大幅に引き下げることが予定されています。

来年4月から授業料・入学金とも大幅に負担が軽減されることで、家庭の事情に関わらず、私立高校を進学先として選択しやすくなります。

これらの制度は、国・県予算の成立が条件になります。

私立高校の授業料や入学金は学校によって異なり、2020年度の授業料や入学金は未定です。上の図は、授業料を年間335,000円と仮定して示したものであり、学校によっては一部自己負担が生じる場合があります。

入学に当たっては、このほかに、施設設備費、進学指導費などが必要になります。(県の減免制度があります。)

世帯年収は、両親・高校生・中学生の4人家族で両親の一方が働いている場合の目安です。

実際には保護者等の「課税所得」を基準として判定されます。

前後の記事