薬物乱用防止教室

6月28日(金)6限目、薬物乱用防止教室を開催しました。講師は敦賀警察署スクールサポーター 山本功先生です。

中学生、高校生を取り巻く薬物および薬物以外の危険についてもお話していただきました。

○絶対ダメ!!自画撮り

福井県青少年愛護条例が改正され、罰金刑が課せられること、一度、インターネットに載った画像は完全に消去することはできないことなどが強調されました。

○詐欺犯罪の受け子などに利用されてしまう危険性

簡単にお金が手に入るという、うまい話にのってしまうと、知らないうちに犯罪者になってしまうことも。ネットなどのアルバイト情報に乗ってはいけません。

○大麻が薬物の入り口(Gateway drug)

大麻は日本では、「大麻取締法」で禁止されています。しかし、国外では所持や使用の一部が可能な場合があり、海外留学の際、大学生などが使用してしまうことがあるそうです。DVDでそれに関するストーリーが紹介されました。

大麻は依存性がないとか、覚醒剤ほど心身に害がないなどといった「誤った」情報が流れています。惑わされてはいけません。一旦、大麻を使ってしまうと、より強い刺激を求めて、コカイン、覚醒剤などの薬物に手を出してしまうのです。

大麻は「地獄への入り口」と認識しましょう。絶対に使用してはいけません。

*************

山本先生の熱のこもったお話に圧倒され、「危険なことには絶対近づかない」決意を新たにした人も多かったと思います。山本先生、ありがとうございました。

前後の記事